• 家族葬のメリットとは

    近年、葬儀をあげる際に選ばれるプランとして、家族葬というかたちが人気となっています。

    素敵なエキサイトニュースに関する企業の一覧です。

    故人の意向で選ばれる事も多く、遺書に書き残してるケースも少なくありません。

    そういった場合は、遺族はしっかりと故人の意向を尊重することが大切です。



    家族葬とは、親族のみで行う葬儀のことで、会社関係や友人などの参列が無い葬式・通夜のことを言います。
    事前に、家族だけの葬儀なので参列はお断りしている、ということを近隣の方や会社関係の方に伝えておく必要がありますので、注意しましょう。
    この一言を伝えるだけで、とてもスムーズに葬儀を執り行うことが出来るのです。
    家族葬は、参列する人数がとても少ない為に、会場などではなく自宅で行うことが多くなります。
    自宅で行う分、遺族の皆さんもゆったりとした時間を過ごしたり、なごやかに雑談しながら会食したりと、穏やかに葬儀を進めていくことが出来ます。


    これは大きなメリットでもあります。

    大きな葬儀場で行うと、あっという間に葬儀が終わってしまい、全て終了したあとの虚しさだけが残ってしまう、ということもあり得ます。しかし、家族葬の場合は、親族同士で故人の思い出話に花を咲かせたり、皆で悲しみを共有したりすることが出来るのです。葬儀にかかる費用を大幅に抑えることが出来るのも、メリットの一つです。
    家族に迷惑をかけたくないという気持ちで選ぶ方も多くいらっしゃいます。



    このように、様々なメリットにより家族葬は選ばれています。
    家族それぞれの思いが詰まった、温かな式となることでしょう。

  • 情報分析

    • 日本の葬儀業界は、40年以上にわたり年間死者数が現在を上回るとされ非常に優良な市場と考えられ、大手物流企業や関西系の鉄道企業、生活協同組合などが参入し業界の構造が大きく変化していますが、業界の構造だけでなく国民の葬儀に対する認識が大きく変化しています。日本国民は、仏教界や神道界などが考えるほど宗教に傾倒していない無宗教と言う民族性を有しているので、葬儀に対する認識の変化は全く珍しい事ではないとされています。...

  • 社会が気になる方

    • 家族葬といわれる小規模なお葬式のことをご存知ですか。身内葬とも呼ばれています。...

  • 読めば解る

    • 近年では家族葬の利用が増えています。従来の葬儀としては、親族をはじめとして故人がお世話になった方々や会社の方、近所の方を参列者としてお招きすることがほとんどでした。...

  • 学ぼう社会の事

    • 親族や親しい関係者のみで行う葬儀のことを、家族葬と言います。以前はあまりあげられてはいませんでしたが、最近は核家族化や孤独死などの影響により、シンプルに式をあげる方が非常に増えています。...