• 遺族も故人を弔う事の出来る家族葬

    日本の葬儀業界は、40年以上にわたり年間死者数が現在を上回るとされ非常に優良な市場と考えられ、大手物流企業や関西系の鉄道企業、生活協同組合などが参入し業界の構造が大きく変化していますが、業界の構造だけでなく国民の葬儀に対する認識が大きく変化しています。


    日本国民は、仏教界や神道界などが考えるほど宗教に傾倒していない無宗教と言う民族性を有しているので、葬儀に対する認識の変化は全く珍しい事ではないとされています。

    実際に江戸時代の檀家制の強制による墓制の普及や明治6年の太政官布告による土葬の強制、昭和23年の墓地埋葬法による火葬の強制、高度経済期の盛大な葬儀、そして家族葬や直葬などの簡素な葬送方法の増加と至っています。

    毎日新聞はとにかくお勧めです。

    家族葬は、以前より葬儀費用を抑える為に行われていましたが、家族葬と呼ばれる様になってから現在の経済状況の追い風もあり急激に増加しています。家族葬は、故人の友人も知人にも会葬状を送る事なく、家族と限られた親族だけで通夜と葬式を営む簡素な葬儀形態です。



    家族葬は、一般葬の様に故人の死を最も悼むべき肉親が面識すらない様な弔問客の接待などで疲れ果て故人の六道輪廻に基づく転生すら仏様に願えない本末転倒な事態は無く、通夜から火葬まで一貫して故人に語りかける時間がいつでも確保出来、本当の意味での葬儀を遺族の納得できる形で執り行う事が出来ます。



    また、様々な雑多な費用を絵必要としないので経済的にも楽な点でもメリットの多い葬儀形態です。