• 今人気の家族葬とは

    親族や親しい関係者のみで行う葬儀のことを、家族葬と言います。
    以前はあまりあげられてはいませんでしたが、最近は核家族化や孤独死などの影響により、シンプルに式をあげる方が非常に増えています。


    遺族や周りの方に迷惑をかけたくないと考える方が多く、ひっそりと静かに葬儀を行いたいと考える様です。家族葬は、大きな会場を貸し切って行うことはあまりなく、自宅で執り行うことが多いです。



    会社関係の方が参列に来るのであれば、会場を用意した方が良いのですが、親族のみの場合は人数も限られていますので、自宅で十分だったりするのです。
    更に、個人の意向により自宅で葬儀を行う方もいらっしゃいます。

    家族葬のメリットは、遺された家族がゆっくりと故人と向き合ってお別れが出来ることです。
    会場ではあっという間に式が終わってしまい、悲しむ暇も無かったと言う場合もありますが、自宅で皆で思い出話などしながらお別れ出来ます。



    自宅の居間で会食を食べながら談笑していると、悲しみも紛れるでしょう。

    納得の産経ニュースについて親身になってアドバイスいたします。

    こういったところに、家族葬のメリットがあるのではないでしょうか。


    更に、費用もかなり抑えることが出来ます。

    会場にかかる費用が無くなりますので、家族の負担が減ることになるのです。


    現実問題として、葬儀に掛かる費用は安くはありませんので、こういった理由から選ぶ方もいらっしゃいます。このように、様々なメリットから家族葬は選ばれていることが解ります。


    会社ごとに葬儀のかたちも違ってきますので、一度確認してみてはいかがでしょうか。