• 家族葬の利用が増えている理由

    近年では家族葬の利用が増えています。
    従来の葬儀としては、親族をはじめとして故人がお世話になった方々や会社の方、近所の方を参列者としてお招きすることがほとんどでした。

    しかし、現在では近所の方などはお招きせず、家族や親戚などごく親しい人々のみで葬儀を行うケースが増えているのです。

    マイナビニュース情報探しの最新サイトをご用意いたしました。

    これは現代のライフスタイルでは従来の一般葬が適さない場合が増えたことや社会問題が関係していると言えます。


    最近ではご近所の方と親しく付き合うことも少なくなってきました。

    マンションやアパートに住む場合、隣の人の顔も知らないことも多いです。



    そのため、葬儀を行うときにご近所の人を呼ぶことが減ってきたと言えます。また現在では少子高齢化が進んでいます。
    故人の友人などをお招きしたくても家族が居らず来てもらうことができなかったり、交通手段があっても遠くからやって来る元気がないという場合も多いのです。
    少子化によって、故人の遺族が少なく参列者が少ないという家庭もあります。
    このような社会問題も背景にあり、小規模な葬儀が求められることが多くなってきたのです。



    家族葬では少人数から行うことができます。


    参列者の数を減らすことで遺族の負担も減りますので、遺族が少なく一人一人の役割が多いといった場合にも非常に助かると言えます。
    その他にも費用が少なく済むといった利点もありますので、治療費で金銭的に余裕がない場合や葬儀よりもお墓などにお金をかけたい場合でも柔軟に対応することができます。
    葬儀を行う際は家族葬も視野に入れてみると良いでしょう。